規約

西宮市立小中義務教育特別支援学校事務研究会規約

(名称及び事務所)
第1条 本会は、西宮市立小中義務教育特別支援学校事務研究会と称し、事務所を会長在任校に置く。

(目的)
第2条 本会は、会員相互の研究と親睦と連携とによって、学
校組織の要として、教育環境の整備・充実を図るという、重要
な役割を担うために、学校事務職員の学校運営参画を推進し、
研究・研修の充実に努め、資質の向上と職務の確立を図り、もって西宮市立学校教育の更なる発展に寄与することを目的とする。

(事業)
第3条 本会は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
(1) 学校事務の調査、研究、研修等に関すること。
(2) 学校事務の改善に関すること。
(3) 会員の互助、親睦に関すること。
(4) その他、本会の目的を達成するために必要と認められたこと。

(会員)
第4条 本会の会員は、西宮市立小中義務教育特別支援学校事務職員をもって組織する。

(役員)
第5条 本会に、次の役員を置く。
(1) 会長1名 
(2) 副会長2名(渉外担当1名、会務担当1名)
(3) 研究部長1名
(4) 会計委員1名
(5) 研究グループ長(各グループ1名)
(6) 会計監査委員2名
2 本会の運営上、前項の役員の他に、研究部委員、専門委員、阪神地区事務研委員、全事研兵庫支部委員を置く。
3 西宮市教育委員会学校事務指導員(以下「学校事務指導員」という。)を役員とする。

(選出方法)
第6条 役員は、会員中より選挙により選出する。ただし、研究グループ長、会計監査委員は組織確立後、総会にて承認を得る。

(任期、補欠)
第7条 第5条第1項の役員の任期は、1年とし再任を妨げない。ただし、第5条第1項(1)〜(4)の役員については連続3期までを原則とする。
2 役員に欠員が生じたときは、すみやかに補充し、その任期は前任者の残任期間とする。
3 補欠役員(会長を除く)は、投票の次点者とする。次点者無き場合は、役員会が指名することができる。

(任務)
第8条 会長は、会務を総括し本会を代表する。
(1) 特に必要と認めた場合、専門委員会を設置することができる。
2 副会長は、会長を補佐し、会長事故あるときはその職務を代行する。
渉外担当副会長は、学校事務指導員、校長会、教頭会との連絡調整、交流研修の受け入れ等渉外を担当するとともに、会員の互助、親睦に関することを企画、実行する。
会務担当副会長は、役員会運営、組織運営のための連絡調整、各種広報活動、選挙管理委員会の招集を行う。
3 研究部長は、研究部委員会を主催し、学校事務領域全般にわたる諸制度及び諸課題の研究と提言を行うとともに、研究グループ長及び専門委員会との連絡調整を行い、全体研究会等の企画運営を行う。
4 会計委員は、予算執行計画の立案及び執行、補助金等の要望書作成、会費の徴収を行う。
5 研究グループ長は、テーマ別の研究グループを運営するとともに、学校事務の現状分析と課題をまとめ事務改善提案等を行う。また学校事務遂行上必要な資料等の作成、情報提供・交換等に基づき研修を行う。
6 会計監査委員は、会計全般を監査し、総会に報告する。

(会議)
第9条 会議は、総会、役員会、各研究会、各種委員会、各部会とする。
2 総会は、最高の決議機関であって、定時総会と臨時総会にわかれる。
3 定時総会は、年度はじめと、年度末に開くを常例とする。
4 臨時総会は、年度途中において、役員会で必要と認めたとき、又は会員の3分の1以上の要求があれば、役員会は、その招集を決定しなければならない。
5 役員会は、会長が招集し、毎月1回以上開くものとする。
6 役員会は、会長、副会長、研究部長、会計委員、研究グループ長及び学校事務指導員をもって構成する。
7 各部会は、会長の承認を得て部長が招集する。
8 研究グループは、会長の承認を得て研究グループ長が招集する。
9 専門委員会は会長が招集する。

(議事)
第10条 総会は、会員の過半数をもって成立する。
2 議事は、出席者の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長の定めるところによる。
3 役員会は、3分の2以上の出席を必要とし、議事は、出席者の3分の2以上の賛成を要する。

(会計年度)
第11条 本会の会計年度は、4月1日より翌年3月31日までとする。

(経費)
第12条 本会の経費は、会費その他をもってあてる。

(会費)
第13条 会費は、1ヶ月につき200円とし、徴収については、会計委員が指示する。

(予算)
第14条 会計委員は、役員会にはかって予算を作成し、総会に提出して、その承認を受けなければならない。
(決算報告)
第15条 決算は、毎会計年度終了後すみやかに行い、総会の承認を得なければならない。

(規約の改正及び疑義)
第16条 規約の改正は、総会の3分の2以上の賛成を要する。
2 規約の解釈、その他運営上疑義が生じたときは、総会において決定する。

付 則

第1条 第3条第1号及び第2号、第8条第1項第1号、同条第3項及び第4項の研究部、研究グループ、専門委員会等に関する組織及び運営については、別に要綱を定める。
第2条 本会の運営及び事務遂行上、浜脇、大社、甲東、広田、今津、上甲、鳴尾、北の8地区を定める。会長の承認をもって会を開くことができる。
第3条 青年研究会の設置については、会員の構成をみて検討する。
第4条 本規約は、平成19年1月31日より施行する。
2 平成22年4月1日一部改正(名称改正)
3 平成30年(2018年)4月1日一部改正
4 令和 2年4月1日一部改正(名称改正)


【研究部等要綱】
(趣旨)
第1条 研究部、研究グループ及び専門委員会は、西宮市立小中義務教育特別支援学校事務研究会規約第3条第1号及び付則第1条に基づき、職務上の知識の充実を図り、学校事務職員としての資質の向上に努めるとともに学校事務の研究と研修を通じて諸課題の解決能力を向上させ、もって西宮市立学校教育の更なる発展に寄与する。

(研究部)
第2条 研究部長は、研究部委員会を主催する。
2 研究部長は、研究グループ及び専門委員会の事務改善提案、研究報告、研修を目的とする全体研究会を開催する。
3 研究部委員会は、規約第8条第3項に規定された研究部に属する事項を取り扱う。

(研究グループ)
第3条 全員参加の研究グループを設ける。
2 研究期間は1年とする。
3 研究テーマは、平成18年4月18日付け西宮市教育長発「西宮市学校事務職員の職務規程について(通知)」の職務領域・内容に即したものとし、年度末総会で承認する。
4 研究グループは研究テーマごとに会員の希望により組織する。また希望届は第一希望、第二希望の複数記入を必須とし、グループ分けは研究部長を中心に役員会で行うものとする。経験5年未満の者については原則第一希望を優先する。
5 連続して同じグループに所属するのは4年を上限とする。未所属のグループがある者は2年を上限として、全てのグループに所属する。
6 研究グループは、各種規程等に基づき学校事務の現状分析と課題をまとめ事務改善提案等を行う。また学校事務遂行上必要な資料等の作成、情報提供・交換等に基づき研修を行う。
7 研究グループには、研究グループ長及び副グループ長をおく。
8 研究グループ長は、研究グループの意見を取りまとめて企画立案し、提案資料を作成するとともに、諸課題について提案する。
9 研究グループは、研究グループ長が招集し、原則として、月1回第3水曜日に研究会を開催する。
10 研究グループの開催通知文書は会長名とする。

(専門委員会)
第4条 専門委員会は学校事務の課題のうち特に必要性の高いものについて研究し提案を行う。
2 専門委員は役員会が委嘱する。
3 緊急性を要するものは会長が招集する。

(研究部委員)
第5条 研究部委員は、第2条第3項の委員会に属し、その事項を取り扱う。
2 研究部委員の検討事項、処理事項は役員会で決定する。

付 則

1 この要綱は、昭和51年4月1日から実施する。
2 昭和52年4月1日一部改正
3 昭和57年4月1日一部改正
4 平成 5年2月8日一部改正
5 平成19年1月31日一部改正
6 平成22年4月1日一部改正(名称改正)
7 平成27年4月1日一部改正
8 令和 2年4月1日一部改正(名称改正)


【選挙規程】
(名称)
第1条 この規程は、西宮市立小中義務教育特別支援学校事務研究会選挙規程と称する。

(目的)
第2条 この規程は、西宮市立小中義務教育特別支援学校事務研究会の役員の選挙が公明適切におこなわれることを目的とする。

(期日)
第3条 役員の選挙は、毎年年度末の定時総会において実施することを原則とする。

(定数)
第4条 会長1名、副会長2名、研究部長1名、会計委員1名。

(選挙権、被選挙権)
第5条 本会会員は,役員の選挙権、被選挙権を有する。

(候補者)
第6条 役員は、立候補者、推せん候補者(本人の承諾済)又は一般会員中より選挙する。

(投票形式)
第7条 投票は無記名とし、会長、研究部長、会計委員は単記とし、副会長は連記とする。

(投票)
第8条 選挙人は、選挙当日投票所において選挙人名簿の照合を得て投票用紙に自ら被選挙人の氏名を記載し投票する。

(当選)
第9条 会長、研究部長、会計委員は候補者中最高得票者をもって当選者とする。
2 副会長は、最多得票者から定数にあたるものを当選者とする。
3 当選者を定めるにあたり、得票数が同じであるときは、選挙管理委員長が抽選により定める。
4 定数内の立候補者、推薦候補者については、信任投票(投票総数の過半数の得票)で決める。

(選挙管理委員会)
第10条 選挙管理委員会は、各地区から1名ずつ選出された8名をもって構成し、選挙に関する一切の事務を行う。
2 委員は互選により正副委員長各1名を定める。
3 委員の任期は1年とする。


付 則

1 この規程は、平成19年1月31日より施行する。
2 研究部委員、専門委員、阪神地区事務研委員、全事研兵庫支部委員は役員会が委嘱し、総会で承認を得る。
3 平成22年4月1日一部改正(名称改正)
4 平成30年(2018年)4月1日一部改正
5 令和 2年4月1日一部改正(名称改正)



このホームページに関するすべての著作権は西宮市立学校事務研究会に帰属します。無断転載や、無断でリンクを張ることを禁じます。