開校当時校歌はなく、昭和10年講堂の落成を機に作られた。
当時、校区の分銅町に居住され、詩壇の第一人者であられた薄田泣菫氏に作詞を依頼、
作曲は大阪音楽校長永井幸次先生によるものである。

校歌

1.大空高く 太陽の
 光あふるる 西宮
 ここなる大き 学園に
 学ぶ我らは野の若木
 若き木なればすくすくと
 培われつつ 伸びゆかん
 

2.北には広田 南には
 戎の社 あるところ
 ここなる清き 学園に
 遊ぶ我等は 若き鳥
 若鳥なれば はつらつと
 羽ばたき歌う 空をみて
 

3.かくてぞ我等 たゆみなく
 精神を高め 身をきたえ
天賦の性を 展ぶるにも
 雄々しく強き 子とならん
 強き子なれば 双肩に
 祖国も負わん 後々は
 





このホームページに関するすべての著作権は安井小学校に帰属します。無断転載や、無断でリンクを張ることを禁じます。