校章

校章

校章の由来

「桜」は日本の花、西宮の花。その清らかさ、明るさが良い。
そのパッと咲き、はなやかに豊に咲き盛るさまは、まさに伸びざかる若者の花。
そして、校区のあちこちに桜の名所が多いこととを合わせて
上ヶ原中学校を「桜の学園」にしたいという願いを持っていた。
そこで、桜の花びらをかたどり、中央に「中」を配置した校章を
初代齋藤武人校長自らデザインした所以である。

校歌楽譜

(1) 桜はかおる 文教のまちはわが郷
   まなびやに いとなみ清く ほのぼのと
   愛はひろがる 豊かなれ あヽ上ヶ原

(2) 雲は流れる 秀峰の六甲はわが友
   わかものに 月日かがやき はつらつと
   力みなぎる誇りあれ あヽ上ヶ原

(3) 潮は光る景勝の 瀬戸はわが窓
   ひとりだちに心高鳴り はろばろと
   夢ははばたく栄あれ あヽ上ヶ原

【注意】音が出ます。

前奏〜校歌1番までが収録されています。



このホームページに関するすべての著作権は上ヶ原中学校に帰属します。無断転載や、無断でリンクを張ることを禁じます。