学校長より

 本校は、昭和47年4月1日に西宮市内で12番目の中学校として産声を上げました。

 開校以来、一人ひとりの生徒を大切にする教育理念は継承され、『すべての生徒を生かす教育』を教育目標とし、さらに、具体的にめざす生徒像として「自立」「協力」「鍛練」の三つを掲げ、上ケ原教育を進めてまいりました。

 本校の歴史の中で最も大きなできごとは、平成7年1月17日の阪神淡路大震災により壊滅的被害を受けたことでした。しかし、多方面から寄せられた温かい支援や思いやりに支えられながら、教職員・生徒・保護者が一致団結し、苦難を乗り越えることができました。そして平成9年3月6日、新しく建て替えられた校舎での授業が始まり、新たな思いを胸に、上ケ原中学校の教育はさらに力強い一歩を踏みだしました。

 現在も『輝け 翔け 上ケ原』の合言葉のもと、地域の方々に支えられながら、日々元気で明るい声が響き渡る上ケ原中学校として生徒たちは頑張っています。
                                                     校長  野 村  哲



このホームページに関するすべての著作権は上ヶ原中学校に帰属します。無断転載や、無断でリンクを張ることを禁じます。