いじめ防止基本方針

いじめは,被害児童の心身を傷つけるだけでなく,将来を奪うことさえある絶対に許されない行為である。しかし,どこの学校でも,どんな児童にも起こりうることである。そのことを常に念頭に置き,いじめを許さないクラス作りや早期発見に努め,全校体制で食い止めなければならない。

1.本校の方針
本校は,「『ゆめ』はぐくむ学校 −夢に向かって,主体的に生きる子供の育成− 」を学校教育目標として,夢と希望を持って,健康で明るく前向きに活動する児童を育成することを目指している。そのためには,全ての児童が安心して過ごせる学校生活,温かい心の交流が息づく空間の保障があることが大前提となる。
私達教職員は,いじめ防止に向けて日常の指導体制を充実させ,一致協力していじめの未然防止に取り組んでいかなければならない。そして,いじめをゆるさない学校作りを推進していくものである。もし,いじめを認知した場合は,速やかで適切な解決を図るために,ここに『いじめ防止基本方針』を定める。

2.いじめとは(文部科学省による定義)
 当該児童生徒が,一定の人間関係のある者から,心理的,物理的な攻撃を受けたことにより,精神的な苦痛を感じているもの。
 なお,個々の行為がいじめにあたるかどうかについては,表面的,形式的にとらえるのでなく,いじめられた側の立場で判断しなければならない。

3.いじめに対する指導
 いじめを食い止めるために,@いじめを許さない学級風土づくり,Aいじめに発展させない指導,Bいじめの早期発見,Cいじめを繰り返さない指導と被害児童の心のケアの4つの段階で指導を行う。

@いじめを許さない学級風土づくり
いじめを許さない学級風土を作るには,日ごろから,思いやりの心,助け合いの心,生命や人権尊重の心を育てる指導を積み重ねておくことが大切である。さらに,自分の思いをはっきりと言い合えるクラスを目指すことが望まれる。また,困ったときには先生が助けてくれるという,子供との信頼関係も築いておかなければならない。そのためには,注意深く子供を見守るだけでなく,子供の自尊心や自他を大切にする気持ちを育てる積極的な指導が大切である。また,他の人に合わせて行動するだけでなく,いざという時には自分で判断し,行動できるように子供を育てることも大切である。
 学級では,一人一人全員が主役であることが大切である。授業や話し合いでは全員がルールに沿って,自分の思いを発言できる保障がなければならない。保障とは,発言する権利があるだけでなく,それを他のみんなが受け止めてくれるという安心感が必要である。言いかえれば,クラスの中に,授業の中に自分の居場所があるということである。
 その一方で,どんなことがいじめになるのかを教えておくことも欠かせない。だれかをのけものにしたり,陰口をいったりするような,「芽」があれば,そこからいじめになるのだとしっかりと認識させる必要がある。しっかりと話し合いをし,相手の気持ちを考えさせ,2度と繰り返さない決意をさせなければいけない。その時に大切なことは,被害者,加害者の当事者だけでなく,周りの子供たちも育てていくことである。周りの子供たちがいじめを許さない気持ちを持ち,いじめにつながる行動を見た時,止めに入ったり,教師や保護者に伝えたりできるように育てていかなければならない。
 また,教職員自身の言動に不公平があるなど,いじめを助長するものがないか,日ごろから細心の注意を払うことも大切である。
 さらに,教育連携協議会を軸として,学校,家庭,地域が連携して子供の心を育て,いじめを許さない風土を築いていかなければならない。学校からは,学校だよりなどの手紙や懇談会などを通して,地域や家庭にいじめ撲滅のための啓発を行う。

Aいじめに発展させない指導
 いじめは,初めはちょっとしたいたずらや悪口から起きることが多い。そういった初期の段階で食い止めることが大切である。そのためには,日ごろから,子供たちが気になることや困ったことを担任に相談したり,クラスで話し合えたりすることが必要である。学級会や終わりの会の中で時間をとったり,相談箱を用意したりすることが考えられる。担任に相談できる関係がのぞまれるが,相談しにくいときは保護者や養護教諭等に伝えるように日ごろから伝えておく。子供が一人で抱え込まないことが何よりも大切である。
 そして,いじめの初期にあてはまるような事案が起こった場合,加害児童,被害児童双方が納得して帰るよう,教師が複数対応で指導を行う。被害児童には,二度と同じことが起こらないように先生たちが全力で守ると言って安心感を与え,それでももし,もう一度同じことがあれば,すぐに担任に言うように伝えておく。加害児童には,つぎに同じことがあれば,いじめとして保護者を呼び出して対応することを伝えておく。
 周りの目撃していた子供には,これがいじめにつながることなのだと,機を逃さずに指導する。保護者や教師に連絡をした子がいれば,その子のおかげで助けてあげることができたと,伝えたことを大いに褒め,周りの子供たちも,同じような行動ができるよう,声をかける。
 被害児童の保護者には,事案の詳細とその後の対応について連絡を入れる。保護者からの問い合わせで初めて答えるようでは後手に回るので,早い段階で連絡を入れるのが好ましい。学校として,これからこのように指導し,このように見守っていきますと,対応をしっかりと伝える。また,保護者とともに子供を守っていく姿勢を伝え,信頼関係を築くことも大切である。

Bいじめの早期発見
ア.教職員による早期発見
 いじめは絶対に許されないことである。しかしながら,どの学校にも,どの子にも起こりうることである。もし,起こってしまった場合は,できるだけ早い段階で発見し,早期解消に努めることが大切である。
 そのためには,日ごろからアンテナを高くし,児童が教師に相談しやすい関係を作っておくことが大切である。そのために,休み時間などには,できるだけ教師から積極的にどの子供にも声をかけたり,一緒に遊んだりして,さまざまな場面で子供の様子を把握し,小さな異変に気付けるようにする。
 また,児童の様子を把握するには教職員間の連携が不可欠である。児童は学校生活でたくさんの人と関わっている。担任だけでなく,学年の先生,専科の先生や学校教職員全員の目で子供たちを見守っていく体制が必要である。そして,何か気になることがあれば,お互いに連絡し合い,子供の情報を常に共有できるようにする。教師は「○年○組の先生」でなく,「東山台小の先生」という意識を持たなければいけない。
イ.いじめ早期発見のためのアンケート調査
 いじめは陰湿で,大人の目の届かないところで起こる可能性がある。最近では携帯電話やスマートフォンなどを使ったネットいじめが社会問題化している。そういったいじめを把握するため,毎学期末に行う児童への「生活アンケート」の中に,以下のような,困っていることや良くないと思うことがないかを尋ねる質問を必ず設け,その中にいじめにつながる記述があれば,すぐに対応をする。

Cいじめを繰り返さない指導と被害児童の心のケア
 いじめと判断された場合,加害児童には,同じことを二度と繰り返さない強い決意をさせなければいけない。また,被害児童やその保護者には,学校の教師が守っているという安心感を持ってもらえるように,丁寧な対応が必要である。さらに,周囲の児童には,見過ごしてしまったことに反省をさせる指導を行わなければいけない。
ア.加害児童に
 自分の何がいけなかったのかをしっかりと確認させる。いじめは絶対に許されないことであることを確認する。自分の行為の何がいけなかったのか,どうしてそんなことをしようと思ってしまったのかをしっかりとふり返らせ,自分の心の中にいじめにつながる良くない気持ちがあったのではないかと問いかける。このとき,「人は変われるんだ」ということと,その児童が悪いのでなく,その児童のしたことが悪いのだということを伝えておく。加害児童の人格を否定するような発言をしないように,配慮をする。
 自分の良くない行為をしっかりとふり返らせ,被害児童に誠心誠意謝罪をさせる。今後の自分の姿で,反省の気持ちを示すように指導する。
イ.被害児童に
 被害児童には,担任だけでなく,学年の先生や学校中の先生が見守っていくことを伝える。また,児童のクラスで話し合いを持ち,その結果,児童が安心して過ごしていけるクラスにするという意思統一をし,それを被害児童に伝え,安心して登校できるようにする。また,被害児童の友人関係を考慮し,児童が学校に来やすいよう,担任が被害児童の友人に声をかけておくなど,継続的な工夫や配慮も必要である。なお,被害児童保護の観点から,別室登校なども検討し,無理に登校を強いることはしないようにする。
 そして,被害児童の心のケアのために養護教諭との連携をとり,心身の状態を把握する。また,必要に応じてスクールカウンセラーやスクーリングサポートセンターを活用する。
ウ.事後対応
 いじめ事案が確認された場合,できるだけ早い時点で職員朝会の場で,教職員全員に報告し,全校で注意深く見守る体制を整える。教師間の情報を共有するために,いろいろな場面で子供の力関係や言動を注意深く観察し,ささいな変化でも連絡を取り合うようにする。また,詳細は生指交流会で報告し,今後同じことが起こらないように,しっかりと事案を分析し,指導に生かす。
また,すぐに教育委員会に報告し,連携をとりながら対応を行う。必要に応じて,子供家庭センターや警察等の関係機関と連携をとる。

H27いじめ対策B

H27いじめ対策@

H27いじめ対策C

H27いじめ対策A



このホームページに関するすべての著作権は東山台小学校に帰属します。無断転載や、無断でリンクを張ることを禁じます。