校長より

 夏休みも終わり、明日より2学期が始まります。
 休業中は様々な方とお会いし、学校について話をすることができました。改めて東山台小学校の様子を知っていただく必要を感じ、また、将来を見据えた学校経営を考える視点をいただきました。
 現在、教育委員会の協力のもと、学校を紹介する映像を作成し、市のホームページに掲載いただく予定です。また、学校にいつでも気軽に来ていただけるよう、「スマイルガード」という仕組みを作りました。子供達の姿を温かく笑顔で見守りいただき、学校の様子をご覧いただけたらと考えています。
 次期学習指導要領の実施に向けての準備も進めていきます。今回の指導要領は、2030年を見据えた内容となっています。人工知能の活躍により、人々の生活は大きく変化するだろうと言われています。そうした時代を主体的に生き抜く人間を育てることが求められています。
 学習内容の変化として「外国語」や「道徳」の教科化などはご存知かと思います。ただし、学校教育だけで子供が育つものではありません。これからは学校の教育内容を社会(地域)に開き、連携を深めることが求められています。
 学校運営の基本は子供です。本校の児童をしっかり見つめ、児童を中心にした教育を保護者・地域の皆さまと連携して進めてまいります。

 学校長 杉田 二郎



このホームページに関するすべての著作権は東山台小学校に帰属します。無断転載や、無断でリンクを張ることを禁じます。